Mission - Innovations
創設者ファブリカの水着づくりのはじまりは、2人の水泳好きの息子「JAK」と「ED」のために、水着をつくりたいという単純な思いからでした。電子工学技術の専門家である彼は生地や圧着技術の知識に長けており、その技術を生かすことで、いつからか大きな情熱を水着づくりに注ぐことになります。息子たちは有能な指導者であるCervizziに師事しており、ファブリカも練習や競技会などを見に行く中で彼と親交を深めていき、専門家の助言は途上の過程において大きな力に。その後、水着の企画・設計においてのプロジェクトをスタートさせることになりました。当時会社はまだ創設されていませんでしたが2007 年10 月に最初の試作品が完成。

革新的な水着すなわち「J-01」水着の登場は、選手たちはもちろんイタリア水泳協会をも納得させ、多くのファンを魅了。またマスコミにも大きく取り上げられ、国際的に反響の広がりをみせました。
「J-01」は会社創設以来の2年間で24個の世界記録樹立に貢献しました。

イタリアで有名な新聞「Corriere della Sera」誌のロベルト・ペロン記者の言葉を借りるなら「奇跡の水着」と呼ばれた開発なのです。

「J-01」水着は非常に薄いポリウレタンで覆われた生地で作られており、その考案のヒントになったのが魚。魚には縫製箇所がないように水着の表面にも何もなければ、水中での抵抗を発生させないのではという仮定を元に、現在の形状が確立されました。

縫い目が無く、厚さ0.4mmの薄い生地を熱で完全に圧着した製法を採用することにより、何も着ていないかのような着心地を体感できる水着創りに成功。ファスナー付きの水着においてもファスナー部分をポリウレタン素材で覆い、水の抵抗を受けないようにしているのです。

開発プロジェクトはさらに身体を科学的に分析。水着によって身体を覆うことで筋肉の振動を抑え流水抵抗やエネルギー消費を最小限に抑えられると考えました。

Jakedは素材・加工・設計・成型のどれかひとつに優れた特徴をもつ水着ではなくこれら全てのバランスにより最高の水着を創り上げています。
今までも現在もこれからも同じことです。
Home - Mission - Products - Catalogue - Shop List - Online Shop - Jaked Elite Team - Blog - Contacts
yamamay